• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

引退試合は行わず 広島・新井の決断が他選手に及ぼす影響

 また、引退試合を開催しないことで、そこに生まれがちな生温かい片八百長、とまでは言わないまでも、引退選手に対する相手チームの露骨な忖度が見えにくくなるのもいい。実際は新井の現役最後の打席になると、おそらく消化試合になっていることも手伝って、相手投手は暗黙の了解みたいな感じで勝手に忖度するのだろうが、それはまあ清濁併せのめる範囲内だ。一定以上の実績を残した文句なしの名選手だけだと限定するなら、その程度の茶番は粋のひとつとして許容できる。

■阪神は岩田と西岡が…

 ただし、これで困るのは他の選手だろう。新井クラスでも引退試合をしないとなると、今後続々と出てくると思われる他の引退選手はどうなる。

 例年通りなら、正直に言って微妙なランクの選手でも、その所属球団は引退ビジネスに色気を出して安い感動ショーを打診するところだが、今年は打診された選手のほうが抵抗や難色を示すのではないか。たとえば人気や実績で新井に遠く及ばない選手であれば、普通に考えて派手な引退試合は恥ずかしいはずだ。リーグ3連覇と同時にさらっと引退する新井を差し置いて、いったいどんな顔で泣けばいいのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る