山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

引退試合は行わず 広島・新井の決断が他選手に及ぼす影響

公開日:

 また、引退試合を開催しないことで、そこに生まれがちな生温かい片八百長、とまでは言わないまでも、引退選手に対する相手チームの露骨な忖度が見えにくくなるのもいい。実際は新井の現役最後の打席になると、おそらく消化試合になっていることも手伝って、相手投手は暗黙の了解みたいな感じで勝手に忖度するのだろうが、それはまあ清濁併せのめる範囲内だ。一定以上の実績を残した文句なしの名選手だけだと限定するなら、その程度の茶番は粋のひとつとして許容できる。

■阪神は岩田と西岡が…

 ただし、これで困るのは他の選手だろう。新井クラスでも引退試合をしないとなると、今後続々と出てくると思われる他の引退選手はどうなる。

 例年通りなら、正直に言って微妙なランクの選手でも、その所属球団は引退ビジネスに色気を出して安い感動ショーを打診するところだが、今年は打診された選手のほうが抵抗や難色を示すのではないか。たとえば人気や実績で新井に遠く及ばない選手であれば、普通に考えて派手な引退試合は恥ずかしいはずだ。リーグ3連覇と同時にさらっと引退する新井を差し置いて、いったいどんな顔で泣けばいいのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

もっと見る