山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

「悔いはない」村田修一の引退スピーチに感じた後悔の念

公開日: 更新日:

 村田修一の引退スピーチの言葉はなんとも感慨深いものがあった。

 まずは最終所属先であるBCリーグ栃木への感謝から始まり、そこからファンや両親、妻、息子たちへの思いを述べ、終盤に「未練がないと言えば嘘になるかもしれませんが、自分がやってきた30年間の野球人生に悔いはありません」と総括する。一見すると、引退スピーチの模範のようなありふれたフレーズばかりだが、だからこそ村田の無念が痛いほど伝わってきた。ありふれた言葉で大ざっぱに総括しないと収拾がつかないほど、彼の胸中は複雑だったのではないか。「悔いはありません」と言っておかないと自分の野球人生を肯定できないと思うほど、彼は苦く厳しい現役晩年を過ごしたのではないか。

 本来、村田は今季で引退するような選手ではない。全盛期ほどの強打はさすがに無理かもしれないが、まだまだNPBの球団でレギュラーを張れるくらいの実力はあるはずだ。当然、残り135本に迫った通算2000安打も、普通にプレーしていれば達成は間違いない。そういう一流打者が今季限りでの引退を余儀なくされたのは、彼の選手としての実力以外の部分、それは大人の事情も多分に含んだ複雑な巡り合わせ(詳細割愛)によるものだろう。少なくとも、多くのファンやマスコミはそういうモヤモヤした気持ちで、村田の引退スピーチに耳を傾けていたに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る