山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

「悔いはない」村田修一の引退スピーチに感じた後悔の念

公開日: 更新日:

 村田修一の引退スピーチの言葉はなんとも感慨深いものがあった。

 まずは最終所属先であるBCリーグ栃木への感謝から始まり、そこからファンや両親、妻、息子たちへの思いを述べ、終盤に「未練がないと言えば嘘になるかもしれませんが、自分がやってきた30年間の野球人生に悔いはありません」と総括する。一見すると、引退スピーチの模範のようなありふれたフレーズばかりだが、だからこそ村田の無念が痛いほど伝わってきた。ありふれた言葉で大ざっぱに総括しないと収拾がつかないほど、彼の胸中は複雑だったのではないか。「悔いはありません」と言っておかないと自分の野球人生を肯定できないと思うほど、彼は苦く厳しい現役晩年を過ごしたのではないか。

 本来、村田は今季で引退するような選手ではない。全盛期ほどの強打はさすがに無理かもしれないが、まだまだNPBの球団でレギュラーを張れるくらいの実力はあるはずだ。当然、残り135本に迫った通算2000安打も、普通にプレーしていれば達成は間違いない。そういう一流打者が今季限りでの引退を余儀なくされたのは、彼の選手としての実力以外の部分、それは大人の事情も多分に含んだ複雑な巡り合わせ(詳細割愛)によるものだろう。少なくとも、多くのファンやマスコミはそういうモヤモヤした気持ちで、村田の引退スピーチに耳を傾けていたに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

もっと見る