松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

こう暑いと山根会長の模倣オヤジが出没するが、真似すなよ

公開日: 更新日:

 鳥瞰図のような書き方になるが、暑いから頭がコンガラガラガラないように読んでもらいたい(ガラが1個多かったか?)。

 ガラにもなく日本ボクシング連盟会長にのさばって、ガラにもなくテレビで潔白を主張するのに、ガラにもなく脳みそで咀嚼できない言葉を使いまくったもんだから、それまで主役級の悪役と目されてきた日大の田中理事長がアメフトタックル問題の言い訳を他人事みたいに大学のHPで書いて、「バカヤロウ、謝罪になってねえだろ!」と一斉に袋叩きにならずに、逃げおおせようとしておる。

 それを更に上空から見下ろしていた加計理事長「ふっふっふ、うまいこと隙間に紛れて逃げましたな」
田中理事長「あんたのやり方を参考にさせてもらいました」
加計理事長「しっかし山根さんちょっと駄目かもね」
田中理事長「セコンドの息子からタオル投げ込まれそうですな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る