松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

こう暑いと山根会長の模倣オヤジが出没するが、真似すなよ

公開日: 更新日:

 鳥瞰図のような書き方になるが、暑いから頭がコンガラガラガラないように読んでもらいたい(ガラが1個多かったか?)。

 ガラにもなく日本ボクシング連盟会長にのさばって、ガラにもなくテレビで潔白を主張するのに、ガラにもなく脳みそで咀嚼できない言葉を使いまくったもんだから、それまで主役級の悪役と目されてきた日大の田中理事長がアメフトタックル問題の言い訳を他人事みたいに大学のHPで書いて、「バカヤロウ、謝罪になってねえだろ!」と一斉に袋叩きにならずに、逃げおおせようとしておる。

 それを更に上空から見下ろしていた加計理事長「ふっふっふ、うまいこと隙間に紛れて逃げましたな」
田中理事長「あんたのやり方を参考にさせてもらいました」
加計理事長「しっかし山根さんちょっと駄目かもね」
田中理事長「セコンドの息子からタオル投げ込まれそうですな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る