釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

代表選手の「自分のストロングポイント発揮しよう」に好感

公開日: 更新日:

 日本代表・森保監督の初陣となったコスタリカ戦で驚いたことがある。

 選手から「自分たちのストロングポイントを発揮しよう」という気持ちが伝わってきたことだ。

 ポルティモネンセMF中島は左サイドからタテに突破したり、中に切れ込んでいったり、局面に応じてベストのプレーを選択し、質の高いクロスを放り込んでいった。

 フローニンゲンMF堂安は右サイドから「常に1対1で仕掛ける」「シュートに持ち込む」という意識の高さを感じた。

 ザルツブルクMF南野は、川崎FW小林と2トップを組んで先発。もともと攻撃的なポジションはどこでもこなせるタイプ。19歳だった2014年にザッケローニ代表監督に評価され、日本代表に初めて招集された。

 今回が約3年ぶりの代表だったが、持ち味である「俊敏性」「決定力の高さ」は健在。後半のヘディングシュートを外した場面はいただけなかったが、チーム2点目は南野らしいゴールだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る