• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

羽生に続きメドベージェワも欠場 世界選手権は熱狂半減

 女子フィギュアで平昌銀のエフゲニア・メドベージェワ(18=ロシア)が、世界選手権(21日開幕・ミラノ)を欠場するとロシア・スケート連盟が発表した。

 昨年11月に右足甲の骨にひびが入っていることが判明。1月の欧州選手権で復帰したが、平昌五輪は15歳の後輩・アリーナ・ザギトワ(15)に僅差で敗れた。

 今年の世界選手権は1966~68年に3連覇したペギー・フレミング(米国)以来、50年ぶりの3連覇がかかっていたが、ジャンプ時にかかる右足への負荷を制限するため、医師の判断でストップがかかった。

 男子も昨年優勝、平昌五輪連覇の羽生結弦(23)が右足首の治療のために欠場する。男女ともディフェンディングチャンピオンの不在は主催者にとって痛手。メドベージェワ・ファンにとっても、日本選手には真似のできない華麗な滑りが見られないのは残念だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  7. 7

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  8. 8

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

もっと見る