星野・野村の薫陶受け…矢野燿大「虎指揮官」までの凸凹道

公開日:

「矢野という男は、不遇や逆境に耐えてきたからこそ、今がある」

 古株の阪神OBが言う。

 第34代阪神監督に就任する矢野燿大監督(49)。03年、05年の優勝メンバーとして活躍。金本知憲前監督の腹心として、16年から一軍コーチを2年務め、今年からは二軍監督に就任。ウエスタンでリーグ優勝、日本一を果たした。

 生まれは大阪の下町・瓜破(平野区)。大阪市立桜宮高、東北福祉大を経て、90年のドラフト2位で中日に入団。しかし、正捕手だった中村武志という「壁」を崩せず、97年オフに阪神へトレードされる。

■阪神トレードは“捨て駒”

 当時の阪神は正捕手育成が急務。だが、それまでに実力、経験がある捕手が必要だった。吉田義男監督が欲しかったのは中村武志。しかし中日側は「中村は出せない、ならば矢野で」と回答。当時の星野仙一監督から「捨て駒」にされたのである。トレードが決まっても「闘将」からは言葉をかけられず、悔し涙を流した。「絶対に星野さんを見返す」と、新天地で決意を新たにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る