星野・野村の薫陶受け…矢野燿大「虎指揮官」までの凸凹道

公開日: 更新日:

「矢野という男は、不遇や逆境に耐えてきたからこそ、今がある」

 古株の阪神OBが言う。

 第34代阪神監督に就任する矢野燿大監督(49)。03年、05年の優勝メンバーとして活躍。金本知憲前監督の腹心として、16年から一軍コーチを2年務め、今年からは二軍監督に就任。ウエスタンでリーグ優勝、日本一を果たした。

 生まれは大阪の下町・瓜破(平野区)。大阪市立桜宮高、東北福祉大を経て、90年のドラフト2位で中日に入団。しかし、正捕手だった中村武志という「壁」を崩せず、97年オフに阪神へトレードされる。

■阪神トレードは“捨て駒”

 当時の阪神は正捕手育成が急務。だが、それまでに実力、経験がある捕手が必要だった。吉田義男監督が欲しかったのは中村武志。しかし中日側は「中村は出せない、ならば矢野で」と回答。当時の星野仙一監督から「捨て駒」にされたのである。トレードが決まっても「闘将」からは言葉をかけられず、悔し涙を流した。「絶対に星野さんを見返す」と、新天地で決意を新たにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る