丸はFA宣言で残留か 広島“去る者追わず”から軟化の裏事情

公開日:

「広島はポジションや役割別の早見表をもとに、補強ポイントを明確化してドラフト戦略を立てる。丸もその中で成長を遂げたわけだが、意外にも“その次”が育っていない。野間峻祥(25)や西川龍馬(23)が期待されているものの、後を背負って立つにはまだまだ心細い」(チーム関係者)

 チームを牽引してきた菊池涼介(28)と田中広輔(29)も球団の焦りに追い打ちをかけている。

 菊池は最短で来オフ、田中は再来年オフにも国内FA権を取得。ドラフトでは4球団が競合した内野手の小園海斗(報徳学園)を獲得したが、将来は未知数。育成が売りの広島も気が気ではない。

 FA宣言への対応が柔軟になってきたのは、常勝球団に成長を遂げたことも大きい。金本や新井が流出した万年Bクラス時代とは違い、今のセ・リーグは広島1強時代。人気球団へ変貌を遂げ、観客動員数も増加したことで資金力もアップした。広島は変わった、のかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る