“大物食い”連発 張本と伊藤の優勝で期待膨らむ五輪「金」

公開日: 更新日:

「これが東京五輪なら……」

 そう思った関係者は少なくないだろう。

 卓球・荻村杯ジャパンオープン最終日(北九州市)の男子シングルス決勝は、張本智和(14=世界ランク10位)が、ロンドン五輪金メダルの張継科(30=中国)に4―3で逆転勝ち。

 女子シングルス決勝も、伊藤美誠(17=同6位)が同3位の王曼昱(19=中国)に4―2で勝利。日本女子では2013年の福原愛以来、5年ぶりの頂点に立った。

 初優勝のこの2人、劇的な試合で何度も会場を沸かせた。

 伊藤は準決勝で中国の陳幸同(21)に3ゲーム連取されながら大逆転勝ち。決勝で倒した王は、東京五輪の代表が濃厚と言われる中国の次世代エースだ。2週前の香港オープンで3―4、先週の中国オープンで1―4と2連敗しており、今回は自国で“借り”を返した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る