楽天2位・太田光 教師の父母が育てた“スポーツ万能3兄妹”

公開日: 更新日:

「何も指示をしなくてもできる子でした。投手に返すふりをして一塁走者を刺すなど、当時から素質が違うなとは思っていました」――。

 太田が中学時代に所属した倉敷ドリームボーイズ(現倉敷ボーイズ)で代表を務める光延哲也氏が当時をこう振り返る。

 野球を始めたのは小学2年。軟式の「西浦少年野球」では、低学年の時は内野を守り、5年生で捕手に転向した。

「少年野球では社会人野球でもプレーした経験豊富な監督の指導もあり、入って来た時は、ズバぬけた存在でした。当時からトレーニングにも真剣に励み、体幹強化などは専門書を買って研究してました。体は大きい方ではありませんでしたが、体幹トレの成果もあってか、故障はほとんどしませんでした」(光延氏)

 広陵高(広島)、大阪商業大では主将を務めた。各球団のスカウトからは「頭脳派捕手」としてリードを高く評価されたのは、教育者の家庭で育ったことも無関係ではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る