友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

カリフォルニア州の山火事 大リーガー宅も襲われショック

公開日: 更新日:

 カリフォルニアの山火事では過去、多数の消防士が殉職している。しかし、そんな危険な仕事ゆえ、やりがいを感じて消防士になり、鎮火の最前線に立つ元選手もいる。そのひとりがアンソニー・レイエスだ。レイエスはカージナルスの元投手で2006年のワールドシリーズでは初戦に先発して勝利投手になった。その後は故障を繰り返して12年限りで引退。消防士だった父親の影響から、引退後は野球関係の仕事に就かず、ロサンゼルス郡消防局に就職して山火事と戦うことになったのだ。

 昨年の山火事では、アスレチックスファンの自宅が全焼して話題になった。アスレチックスファンの少年ローレン・スミス君(9歳)の家が焼け落ち、収集していた膨大なア軍関連グッズを一度に失った。ローレン君は10個のキャップ、17着のジャージー、2000年以降の全選手の野球カードなどを持っていた。それだけにショックは大きく、彼は打ちひしがれた気持ちを鉛筆で手紙にしたためて球団事務所に送った。それを見たケイバル球団社長は深く同情し、ただちに数々のグッズを用意させてメルビン監督、マクスウェル捕手とともに避難生活を送るローレン君を訪ねた。そして持参したグッズの山をローレン君に贈呈し、マクスウェルがキャッチボールの相手をして元気づけた。普段ケチなア軍が、少年ファンに同情して大盤振る舞いしたことに地元は大喜び。ア軍のイメージアップにつながった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  2. 2

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  3. 3

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  4. 4

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

  5. 5

    クレラップCM“おかっぱガール”工藤あかりさんは現役慶大生

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    ドラマ“逃げ恥”の制作会社も「令和の倒産」大都市で急増中

  8. 8

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤さん 芸人と兼ねる意外な仕事とは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る