飛距離も遜色なし SB柳田は33歳になってもメジャーで通用

公開日: 更新日:

 マラソンに例えて言うなら42・195キロを完走した心境だ。

 西武から今オフ、ポスティングシステムでメジャー挑戦する菊池雄星に関してだ。

 わたしは、かなり早い時期から彼の素質にほれ込み、可能な限り、彼のピッチングを追い続けてきた。いま現在は米国にいるし、しょっちゅう来日するわけにもいかなかったが、それでも肩痛から復帰した戸田の二軍戦までチェック。わたしの姿は彼の目に十分、留まったと思う。できるだけ現場に足を運んで自分の存在をアピールするのは信条でもある。ウチの球団が菊池獲得に本腰を入れるかどうかは企業秘密だが、わたしにはやれることはすべてやり尽くしたという自負がある。

 さて、日米野球だ。ヤンキース、レッドソックス、ジャイアンツ、ドジャース、フィリーズ……日本へ飛んだ同僚からの報告によれば、ネット裏には計15球団くらいのスカウトがいたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る