初Vの貴景勝 元師匠との本当の仲と大関・横綱とりの勝算

公開日:

 初の賜杯を手に、アタマをよぎったのは誰の顔だったか。大関高安(28)と小結貴景勝(22)、2敗で千秋楽を迎えた両者はいずれも優勝経験なし。どちらが勝っても初Vの11月場所は、貴景勝に軍配が上がった。

 まずは貴景勝が錦木と対戦。立ち合いで待ったをかけられたからか、普段の低い位置からの突進は鳴りを潜め、「あわや」という場面もあった。それでも冷静にはたき込んで錦木を撃破。この時点で、高安が負ければ貴景勝の優勝、高安が勝てば優勝決定戦という展開になった。

 しかし、高安は結びの一番で御嶽海に不覚をとり、まさかの黒星。この瞬間に貴景勝の優勝が決まった。22歳での初Vは年6場所制となった1958年以降、6番目の若さ。初土俵から所要26場所も、曙に並ぶ4位タイのスピードだ。

「場所前から、すごくいい稽古ができた。新しい部屋でも一生懸命頑張れた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る