プロでメシ食う気概 「問題児」の野球ノートを見て驚いた

公開日:

 1年前のこと。その年のドラフト上位で指名した高校生投手の「野球ノート」をたまたま見る機会があった。

 その高校の野球部監督は、部員に毎日、ノートを書くことを義務付けていた。その日の練習の課題や反省、授業で最も印象に残ったこと、通学の途中で見聞きしたもの……「野球ノート」とは名ばかりで内容は自由。要するに日記みたいなものさ。

 くだんの高校生投手、潜在能力はケタ違いだった。フォームもコントロールもいい。球速はトレーニング次第でまだまだアップするだろう。甲子園でも活躍したし、能力を示す数値も抜けていた。ただ、性格や人間性が疑問視されてた。チャランポランで、女の子と遊びに行ったきり寮に帰ってこないなんてウワサもあった。「問題児」のレッテルがはられていることもあって他球団は敬遠したものの、部長の強い推薦で指名することになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る