退職金と合わせ5000万円とも 貴乃花への功労金は妥当か?

公開日:

「功労金」より「手切れ金」という呼び方がふさわしいかもしれない。

 11日、相撲協会の評議員会が行われ、10月に退職した元貴乃花(46)に退職金に加えて功労金を支給することを決定した。

 詳細は公表されなかったものの、退職金と合わせて貴乃花が手にする金額は4000万円とも5000万円ともいわれている。11月29日の理事会も含めて功労金の支払いに異論は出なかったとはいえ、協会が喜んで払うかといえば話は別だ。

 功労金とは読んで字のごとく。規定でも「特に協会に功労のあった者」が対象とされている。現役時代の貴乃花は優勝22回の実績や「若貴ブーム」で大相撲を盛り上げた功績もあり、2003年に引退したときは1億3000万円の特別功労金を手にした。

 が、親方時代の貴乃花は組織に貢献するどころか、その逆。昨年の日馬富士暴行事件に端を発する一連の騒動では、理事としての務めを果たさなかったばかりか、組織を混乱に陥れた。協会は貴乃花の言動によってカネも労力も山ほど使ったそうで、「退職金はともかく、功労金という意味ではむしろマイナス」という声も親方衆の間からは上がっていたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る