貴乃花に当事者意識は…貴ノ岩の監督責任を千賀ノ浦親方に

公開日:

 一体、どの口が言うのか――そう思った視聴者も少なくないだろう。

 10日、元貴乃花(46)が午前から午後にかけて、テレビ朝日系列をジャックした。テレ朝は1時間インタビューを行い、その映像を同日早朝の情報番組「グッド!モーニング」、同「ワイド!スクランブル」第1部、第2部で3分割。付け人を殴った元弟子の貴ノ岩(28)への思いなどを語る貴乃花が、お茶の間を席巻した。

 貴ノ岩は昨年、日馬富士に殴られた被害者。それが今回は加害者になったこともあり貴乃花は「残念ですね、本当に」とポツリ。「取り返しがつかないことをした」と話し、さらに、「本人から連絡? (7日の引退会見当日に)一度、携帯が鳴ったんですけど、私、出ませんでした」と、あえて無視した事実を明かした。

 貴ノ岩は引退会見で元師匠の貴乃花に報告をしたとは言ったものの、会話の内容を聞かれると「それは……すいません」と、言葉を濁していた。引退の上に元師匠にまで見捨てられたがゆえの悲しいウソだったことが判明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る