利用価値を品定め…貴乃花の元支援者らが相撲協会に接近中

公開日:

 昨秋の日馬富士暴行事件以来、相撲協会の執行部を批判、あわよくば頂点に君臨しようともくろんだ貴乃花(46)は、自分ひとりで戦っていたわけではない。

 協会から損害賠償を求める訴訟を起こされている「裏金顧問」こと小林慶彦元顧問、元監事、弁護士、宗教関係者ら“同志”たちの多岐にわたるバックアップがあった。

 けれども、貴乃花が10月に退職して以降、その多くはクモの子を散らすように逃げ出したといわれている。

「そりゃ、そうだろ。貴乃花には知名度も利用価値もあった。仮に頂点に上りつめれば、利用価値も膨らむからね。だが、理事候補選に出馬して2票落選、協会を退職したいまとなっては、ただの元横綱。仮に知恵を貸したり、便宜を図ったりしたとしても、見返りは期待できないわけだから」とは、ある親方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る