スライダーは秀逸も…創志学園・西純矢の課題は好不調の波

公開日: 更新日:

 昨夏の聖地デビューは鮮烈だった。

 創志学園(岡山)の最速150キロ右腕・西純矢(2年)が、昨夏の甲子園初戦で、明治神宮大会準優勝、センバツ8強の創成館(長崎)を相手に16三振を奪う完封勝利を飾った。ネット裏に陣取った各球団のスカウトは「(2年の)今年でもドラフト候補」と大絶賛。しかし、続く2回戦は審判に派手なガッツポーズを注意され、あっさり敗退した。セ・リーグ某球団のスカウトがこう言う。

「上位クラスなので直球が速いのは当たり前。プロでは勝負球になる変化球があるかどうかが判断材料になる。その点、空振りが取れるブレーキの利いたスライダーは大きな武器になりますね」

 昨夏にスカウト陣が口を揃えたように、今秋はバリバリの1位候補か。

「安定感がなく、いい時と悪い時の波が大き過ぎる。それと夏の甲子園で話題になったガッツポーズですが、ああいうのを闘志があると評価はしない。むしろ要注意の性格とみる。いずれにせよ、今年1年でどこまで伸びるか。どこまで安定して力を出せるようになるかですね」(前出のスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る