マスターズ切符獲得も 今平は「招待」枠の雑音を消せるか

公開日:

 文句なしに切符を取ればいいのだ。

 昨年の日本ツアー賞金王・今平周吾(26)がマスターズ(4月11日開幕)に特別招待選手として初出場することが決まった。8日に大会を主催するマスターズ委員会から発表された。昨季、優勝は1回だけだが、トップ10入りが14試合あるなど、常に上位の成績を収めたことなどが評価された。

 マスターズの出場資格は、歴代優勝者や前年のメジャー上位者、前年末時点と大会2週前の世界ランク50位以内など19項目。その他に特別招待がある。過去には石川遼や片山晋呉らも、この招待枠で出場したことがある。だが、世界のゴルファーが夢見る舞台に明確な理由がない「招待」枠で出場することには批判もある。2009年から5年連続で出場した石川は、5回のうち3度が招待出場で、とりわけその声が大きかった。

 昨年12月、世界ランク55位だった今平は、年末までに同50位以内を目指し、アジアンツアー最終戦の「インドネシアンマスターズ」に参戦。優勝か2位ならマスターズ行きが濃厚といわれていたが12位に終わった。

 今年は53位からのランクアップを狙い、積極的に海外試合に挑戦するつもりでいた。今週のソニーオープンにも出場する。マスターズの2週間前まで時間はたっぷりある。世界ランク50位以内に入り、堂々とオーガスタに行けばいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る