平野・伊藤ら18歳は中堅 全日本卓球でジュニア台頭の背景

公開日: 更新日:

「本命」が次々に散った。

 18日、全日本卓球の女子シングルス5回戦で平野美宇(18=世界ランク9位・写真)が木原美悠(14=同85位)に敗戦。平野は同種目で一昨年優勝、昨年準優勝のV候補だったが、所属が同じJOCエリートアカデミーの後輩に1―4で完敗した。

「どんどん日本のレベルが上がっていて、若い選手がどんどん出てきている」

 18歳が「若手」を脅威に感じる日本卓球界。男子でも“異変”が起きた。ジュニアシングルスで松島輝空(11)が高校生を次々に撃破。準々決勝まで進んだ。小学5年のベスト8は張本智和(15=同3位)に並ぶ過去最高記録。どの競技よりも選手層が厚いといえる。

 ここまでジュニア育成が進んでいるのは、「遊びの延長」という競技の特性にある。Tリーグの松下浩二チェアマンもこう言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る