初賜杯が目前に 遅咲き玉鷲の相撲開眼までと師匠の教え

公開日: 更新日:

 ある親方が言う。

「若い頃から突き押しの力士だったが、いかんせん『ハマれば強い』程度だった。原因は熱くなりやすい性格。気合ばかり空回りして上半身がガチガチになり、さらに張られたらムキになって張り返すものだから脇があいて、簡単に差されていた。それがここ最近は熱くならないようにと心がけているようで、常に冷静。張り返さなくなって脇が締まるようになり、バランスのよい相撲を取れるようになった」

 モンゴル人力士だが、先代師匠である片男波親方(元関脇玉ノ富士)から「仲間内でつるむと情がわく」と厳しくしつけられ、モンゴル閥とは距離を置いている。

 さるタニマチ筋が言う。

「同郷の力士とは交流がないわけじゃないが、付き合い程度。彼らの互助組織であるモンゴル会にも入っていないと聞いている。もっとも、そんな浅い付き合いのおかげで命拾いしたこともある。それが17年の秋巡業中に起こった、いわゆる『日馬富士暴行事件』。玉鷲は当初、白鵬らに宴席に呼ばれていたんだが、『宿舎で見たいドラマがあるから行けない』と、これを拒否した。もし、あの場にいたら玉鷲も加害者のひとりとしてバッシングされていたかもしれない」

 初賜杯に手が届くか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  9. 9

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  10. 10

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る