アジア杯帰り大迫は体調不良…ブレーメン監督“激怒の狙い”

公開日: 更新日:

 日本代表FW大迫勇也(28)所属の独ブンデスリーガ1部ブレーメンのコーフェルト監督が怒り心頭だ。

 ベンチ外だった現地10日のアウクスブルク戦の試合後、大迫について「アジアカップからプレーできない状態で戻ってきたことに驚きを覚えている。数週間かけて話し合いたい」とコメント。現地紙が「指揮官がJFA(日本サッカー協会)に怒り」というタイトルで報じたのである。

 アジアカップ初戦(1月9日)で2ゴールを決めた大迫は、それから右臀部の違和感を理由に試合出場を回避。同28日の準決勝と今月1日の決勝にプレーした後、ドイツに戻ってチーム練習に加わった。

 ところが、背中の痛みを訴え、アウクスブルク戦の前日もそうだったが、練習に参加できなかった日もあった。

「各国代表選手を抱えるクラブは、どこも<バカ高い年俸を払っているのはウチだ。代表戦で壊されて帰ってきたら迷惑極まりない>という悩みを抱えており、代表戦でケガをして<たとえば1カ月プレーできなかった場合、その分の月割り給料くらい払ってくれ>というのが本音です。それが『数週間かけてJFAと話し合いたい』というコメントになって表れている」(サッカー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る