大坂は決断 勝てぬ錦織圭はなぜコーチ交代に踏み切らない

公開日: 更新日:

 第1シード、本来なら勝ってしかるべき大会も勝てなかった。

 世界ランク7位の錦織圭(29)が16日、男子テニスABN・AMROワールド準決勝でワウリンカ(33・スイス=世界ランク68位)に2―6、6―4、4―6で競り負けた。

「途中まで、相手に合わせたテニスをしてしまった。大事なところで相手のプレーがよかった。相手がうまかったとしか言いようがない」とは試合後の錦織。次戦は25日開幕のドバイ選手権に出場予定だ。

 さて、テニス界では大坂なおみ(21)のコーチ解任が世界中に衝撃を与えた。昨年の全米オープンに続き、全豪も制して4大大会連覇、その直後にサーシャ・バインとのコーチ契約を解消したのだ。17日、ドバイで会見した大坂は「みな金銭関係の問題だと思っているけど違う。コート上の成功より自分の幸せの方が大切」と話した。「自分の幸せ」が何かはともかく、世界ランク1位の女王が現状を打破する決断を下した一方で、4大大会はもちろん、その下の位置付けのマスターズ1000すら勝っていない錦織のチーム体制に変化はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  3. 3

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  4. 4

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  5. 5

    海外メディア酷評 豊洲市場に外国人観光客が早くもソッポ

  6. 6

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  7. 7

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  10. 10

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る