大坂は決断 勝てぬ錦織圭はなぜコーチ交代に踏み切らない

公開日: 更新日:

 第1シード、本来なら勝ってしかるべき大会も勝てなかった。

 世界ランク7位の錦織圭(29)が16日、男子テニスABN・AMROワールド準決勝でワウリンカ(33・スイス=世界ランク68位)に2―6、6―4、4―6で競り負けた。

「途中まで、相手に合わせたテニスをしてしまった。大事なところで相手のプレーがよかった。相手がうまかったとしか言いようがない」とは試合後の錦織。次戦は25日開幕のドバイ選手権に出場予定だ。

 さて、テニス界では大坂なおみ(21)のコーチ解任が世界中に衝撃を与えた。昨年の全米オープンに続き、全豪も制して4大大会連覇、その直後にサーシャ・バインとのコーチ契約を解消したのだ。17日、ドバイで会見した大坂は「みな金銭関係の問題だと思っているけど違う。コート上の成功より自分の幸せの方が大切」と話した。「自分の幸せ」が何かはともかく、世界ランク1位の女王が現状を打破する決断を下した一方で、4大大会はもちろん、その下の位置付けのマスターズ1000すら勝っていない錦織のチーム体制に変化はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  11. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る