錦織がアンダーソンに屈辱的惨敗…“ガス欠”を指摘する声

公開日: 更新日:

「ショットがまったく入らなかった。感覚をつかめずに、最後までいってしまった」

 試合後の本人がこう言ってうなだれたのももっともか。

 男子テニス年間成績上位8人によるツアー最終戦、ATPファイナル第3日は13日、ロンドンで行われ、1次リーグB組の錦織圭(28=世界ランク9位)は南アフリカのアンダーソン(同6位)に0―6、1―6と手も足も出なかった。08年のストックホルムオープンでソダーリングに敗れて以来の屈辱的なスコアで、通算成績を1勝1敗とした。

 最大の敗因は2メートル3センチのアンダーソンが繰り出す時速220キロの高速サーブに翻弄されたことだ。

「錦織はラリーに持ち込んでフルにテクニックを生かしたテニスが身上ですが、そこまでもっていけなかった。アンダーソンのサーブは速い上に角度がある。会場のサーフェスが速いこともあって、なおさらサーブに振り回されました」とはスポーツライターの武田薫氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る