錦織がアンダーソンに屈辱的惨敗…“ガス欠”を指摘する声

公開日:

「ショットがまったく入らなかった。感覚をつかめずに、最後までいってしまった」

 試合後の本人がこう言ってうなだれたのももっともか。

 男子テニス年間成績上位8人によるツアー最終戦、ATPファイナル第3日は13日、ロンドンで行われ、1次リーグB組の錦織圭(28=世界ランク9位)は南アフリカのアンダーソン(同6位)に0―6、1―6と手も足も出なかった。08年のストックホルムオープンでソダーリングに敗れて以来の屈辱的なスコアで、通算成績を1勝1敗とした。

 最大の敗因は2メートル3センチのアンダーソンが繰り出す時速220キロの高速サーブに翻弄されたことだ。

「錦織はラリーに持ち込んでフルにテクニックを生かしたテニスが身上ですが、そこまでもっていけなかった。アンダーソンのサーブは速い上に角度がある。会場のサーフェスが速いこともあって、なおさらサーブに振り回されました」とはスポーツライターの武田薫氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る