帖佐寛章
著者のコラム一覧
帖佐寛章日本陸連顧問

1930年6月、東京都生まれ。東京教育大(現・筑波大)で日本選手権800メートル、1500メートル優勝。箱根駅伝出場。引退後は順天堂大陸上部監督として箱根駅伝優勝。数々のトップアスリートを育てた。五輪監督、日本選手団副団長、神戸ユニバーシアード日本選手団長、日本陸上競技連盟強化委員長、専務理事、副会長をはじめ、日本体育協会副会長、国民体育大会委員長、国際マラソン・ロードレース協会会長などを歴任。現在は日本陸連顧問、順大スポーツ健康科学部名誉教授。

メキシコ五輪代表選考大紛糾は采谷の急成長と高地対策が原因

公開日: 更新日:
68年別府毎日マラソンで競り合う君原(ゼッケン2)と佐々木(同1)/(C)共同通信社

 1964年の、東京五輪のマラソン代表はすんなり決まったが、つづくメキシコ大会の代表選考は揉めに揉めた。

 五輪前年、クレイトン(豪州)が「人類の壁」といわれた2時間10分(2時間9分36秒4)を切って優勝した国際マラソン(現福岡国際)で、佐々木精一…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る