小原怜2位も“平凡”タイム…女子マラソンはMGCにお先真っ暗

公開日: 更新日:

 まったく光が見えない。

 大阪国際女子マラソンは、エチオピアのサド(27)が2時間25分39秒で優勝。日本勢トップは小原怜(28)が2時間25分46秒の平凡な時計で2位。9月の東京五輪代表選考会(MGC)への出場権が得られる2時間28分0秒以内を新たにクリアしたのは中野円花(27)ひとりだけだった(小原は獲得済み)。

 2011年に変更されたコースは「フラットで走りやすい世界屈指の高速コース」(大会HP)が売り。しかし、コース変更以後の最速は16年に福士加代子が記録した2時間22分17秒。

 国内記録(2時間19分12秒)を持つ野口みずきが旧コースで記録した2時間21分18秒(03年)を上回る選手はまだいない。

 国内の男子は昨年、設楽悠太が16年ぶりに2時間6分16秒の日本記録を5秒更新すると、10月には大迫傑がシカゴで2時間5分50秒の日本記録を樹立。1億円ボーナスの効果もあってか、東京五輪に向けてかすかな光が見えてきた。男子はMGC切符もここまで21人が手にしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  4. 4

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る