ゴンザカ大・八村塁が地区MVP NBA上位指名なら年俸いくら

公開日: 更新日:

 米大学バスケットボール男子のウエストコースト・カンファレンス(WCC)は5日(日本時間6日)、各賞を発表し、ゴンザガ大の八村塁(21)が年間最優秀選手に選ばれた。1試合平均20.6得点を挙げ、チームのカンファレンス制覇に貢献。投票権を持つ加盟10大学の監督に評価された。

 日本のワールドカップ出場にも貢献したシューターは今年6月のNBAドラフトの上位候補に名を連ねている。複数の米メディアによる事前の指名予想では全体17位の位置付けだ。老舗球団のひとつであるデトロイト・ピストンズが指名を予定しているという。

 八村は所属するリーグのMVPに選ばれたに過ぎないとはいえ、今回の受賞でNBA各球団が評価を見直す可能性もある。

「ウエストコースト・カンファレンスはゴンザガ大の他にも、セントメリー大、サンフランシスコ大などの強豪校が揃いレベルが高い。同地区からはNBAにも多くの人材を輩出しています。米国内でもレベルの高い地区だけに、今回の八村の受賞は価値があると思う。MVPに選ばれたことでドラフトでは事前の予想から全体10位に繰り上がるのではないか」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る