上田桃子は右手負傷も逆転V “パター寄せ”はアマの教科書に

公開日: 更新日:

【Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント】

「寝ていたら(右手が)痛くなった。まさかプレーできると思わなかったからラッキー」

 1打差2位発進の上田桃子(32)が、テーピングした右手の痛みをこらえ、逆転で2季ぶりツアー通算14勝目を挙げた。

 終盤の15番ではグリーン左奥のラフからパターでピン1.5メートルに寄せてパーセーブ。17番はボギーだったが、ここでもグリーン手前のフェアウエーからパターでピンに寄せる技を見せた。

 パット名手の田原紘プロが、「上田は右手の痛みからスイングリズムが速くなってアプローチをミスする不安があり、パターを選択したのだろう」とこう解説する。

「グリーンを外した時は1回でオンさせることが絶対条件です。パターならダフることはない。さらにボールを上げる、落としどころを決める、という作業は必要なく、攻め方がシンプルになり、タッチだけに集中すればいい。だから、大きなミスにならない。この時季はラフの芝が枯れてベアグラウンド状態に近く、オーバーシードしたフェアウエーは短く刈り込んでおり、グリーン上の転がりと近い。パターでも寄る状況です。グリーン回りの寄せでSW一辺倒のアマチュアには、上田の攻め方が大いに参考になる」

 アマチュアはSWでボールを上げようと右肩が落ちてザックリ。下が硬く、ダフリベースのトップも出てミスが止まらない。

 1打の重さを認識したら、パターを使える状況をしっかり見極めるべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る