“香川+三銃士”でも敗北 森保Jが露呈した「好機のチーム」

公開日: 更新日:

 FIFA世界ランキング12位のコロンビア―同27位の日本代表戦は、スポーツ紙風に言うと「三銃士とMF香川との競演なるか?」が注目された。

 昨夏のロシアW杯16強の原動力となった香川だが、ドルトムントでは冷や飯暮らし。それでも移籍先のトルコで結果を出したことで森保ジャパンに初招集となった。もっともコロンビア戦はベンチスタート。売り出し中のMF中島、MF南野、MF堂安の「三銃士」がスタメンに名を連ねた。

「コロンビア戦で<日本の攻撃のスイッチを入れるのは中島>ということが浮き彫りになった」とは元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏だ。

「中島がドリブル突破を始めると南野、堂安以外にもボランチMF柴崎や右SB室屋も猛然と動き出し、全体のコンビネーションも良かった。今さらながらに準優勝に終わった1月のアジアカップは中島の不在が大いに悔やまれます」(六川氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る