浜本由惟がオーストリア代表 五輪卓球で国籍変更増えるか

公開日: 更新日:

 卓球アジア杯最終日の女子3位決定戦は石川佳純(26)がフォン・ティエンウェイ(32=シンガポール)を破り、3年連続5度目の銅メダル。同男子は丹羽孝希(24)が張本智和(15)に勝利した。

 その卓球界がちょっとした騒動になっている。女子の浜本由惟(20)が、5月のワールドツアーの下部ツアーに当たるスロベニア・オープンとクロアチア・オープンにオーストリア代表としてエントリー(プロツアーは国籍変更不要)していることが分かったのだ。

 現在世界ランク104位の浜本は2016年世界卓球団体戦の代表で、17年度まで日本協会の強化選手だった。それが突然、他国の代表としてプレーすることになり、関係者たちは驚いている。

■アマでも賞金は出るしスポンサー契約も

 卓球王国の中国では、自国で代表になれない選手が国籍を変えて他国でプレーする例は多い。リオ五輪では38人の代表が元中国人だった。その「流れ」が日本にも及んできたようだ。ある五輪競技の関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

もっと見る