ペアも呆れた爆睡力 伊藤美誠の精神力は“心臓に毛”レベル

公開日: 更新日:

「強くなったな」と自画自賛だった。

 20日、全日本卓球の女子シングルス決勝で伊藤美誠(18=世界ランク7位)が優勝。昨年に続いて女子ダブルス、混合ダブルスの計3種目で頂点に立ち、女子史上初の2年連続3冠を達成し、1年間をこう振り返った。

「自分自身の成長に拍手したい。自分の中でレベルアップしていることを実感している」

 偉業達成を支えたのは、技術力もさることながらケタ外れな精神力にある。元卓球選手だった母親はメンタルが勝敗を左右することを実体験や他の競技に鑑み、小学生の娘と精神医学専門の大学教授を訪ねた。すると、伊藤は目の前で爆睡。「これが大丈夫という証し」と教授から“太鼓判”をもらったという。

■控え室でタオルをかぶって爆睡

 15日の混合ダブルスでも、規格外の爆睡で「相方」の森薗政崇(23)を驚かせた。3回戦に勝ち、4回戦が始まるまで約6時間半あったため、伊藤は控室に戻った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る