アジア選手権100m 桐生10秒10日本勢初Vで世界選手権に王手

公開日: 更新日:

 陸上のアジア選手権(ドーハ)は22日(日本時間23日未明)、男子100メートル決勝を行い、桐生祥秀(23)が10秒10(追い風1.5メートル)で優勝。日本勢で初めて同種目を制した。

 準決勝を10秒12の全体トップで通過した桐生。自己ベスト9秒91のアジア最速男・蘇炳添(29=中国)ら、トップスプリンターが不在とはいえ、アジアの頂点に立った。

 これで桐生は日本陸連が定める世界選手権(9月27日開幕=ドーハ)の参加標準記録(10秒10)をクリア。国際陸連が今季から導入したワールドランキングのポイントが大幅に加算されることになる。

 日本陸連では、今夏の世界選手権代表(3枠)は、日本選手権(6月=福岡)覇者の他、今年9月16日時点でのワールドランキングの日本上位選手(いずれも参加標準記録到達者)を選ぶとしている。今後のレース次第にもよるが、今回の優勝で桐生の世界選手権代表入りが有力となった。

 なお、桐生とともに決勝に進出した山県亮太(26)は右太もも裏に違和感を訴えて棄権した。

▽桐生の話「優勝できてよかった。タイトルを取れたのはでかい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る