アジア選手権100m 桐生10秒10日本勢初Vで世界選手権に王手

公開日: 更新日:

 陸上のアジア選手権(ドーハ)は22日(日本時間23日未明)、男子100メートル決勝を行い、桐生祥秀(23)が10秒10(追い風1.5メートル)で優勝。日本勢で初めて同種目を制した。

 準決勝を10秒12の全体トップで通過した桐生。自己ベスト9秒91のアジア最速男・蘇炳添(29=中国)ら、トップスプリンターが不在とはいえ、アジアの頂点に立った。

 これで桐生は日本陸連が定める世界選手権(9月27日開幕=ドーハ)の参加標準記録(10秒10)をクリア。国際陸連が今季から導入したワールドランキングのポイントが大幅に加算されることになる。

 日本陸連では、今夏の世界選手権代表(3枠)は、日本選手権(6月=福岡)覇者の他、今年9月16日時点でのワールドランキングの日本上位選手(いずれも参加標準記録到達者)を選ぶとしている。今後のレース次第にもよるが、今回の優勝で桐生の世界選手権代表入りが有力となった。

 なお、桐生とともに決勝に進出した山県亮太(26)は右太もも裏に違和感を訴えて棄権した。

▽桐生の話「優勝できてよかった。タイトルを取れたのはでかい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る