プロ1号の楽天ドラ1辰己はオーナーご執心の意識高い系

公開日: 更新日:

 6日の西武戦で楽天の辰己涼介(22=立命大)がプロ1号となる同点ソロアーチ。パ・リーグの新人ではオリックス・頓宮に次ぐ2人目となる一発でチームを勢いづかせ、連敗を4で止めた。

「やっと出たって感じ。素直にうれしいです」

 開幕1カ月で訪れた「プロの壁」にも動じなかった。開幕3戦目で初スタメンに抜擢されながら徐々に出場機会が減り、4月22日には二軍落ち。

 ファームで実戦経験を積んで結果を出す一方、感覚に頼りがちだった走塁面はコーチ陣から徹底指導を受けてプロ仕様に変えた。

 出身は2004年春のセンバツで1度しか甲子園の土を踏んでいない兵庫県立社高。本人も“聖地”とは無縁だったが、プロ入りに照準を合わせ、普段の練習から試合では使用しない木製バットを黙々と振り続けた。時に金属の打ち方を忘れるほど、プロへの意識を高めていたという。

 この日、観戦した三木谷オーナーは「走攻守揃った期待の星。大きく育ってほしい」と絶賛。振り返れば辰己は、同じく“御前試合”となった開幕3戦目のプロ初打席で四球を選んで初打点。初安打、初盗塁も決めていた。旺盛な向上心を含め、オーナーのハートをがっちりつかんでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  2. 2

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  10. 10

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る