プロ1号の楽天ドラ1辰己はオーナーご執心の意識高い系

公開日: 更新日:

 6日の西武戦で楽天辰己涼介(22=立命大)がプロ1号となる同点ソロアーチ。パ・リーグの新人ではオリックス・頓宮に次ぐ2人目となる一発でチームを勢いづかせ、連敗を4で止めた。

「やっと出たって感じ。素直にうれしいです」

 開幕1カ月で訪れた「プロの壁」にも動じなかった。開幕3戦目で初スタメンに抜擢されながら徐々に出場機会が減り、4月22日には二軍落ち。

 ファームで実戦経験を積んで結果を出す一方、感覚に頼りがちだった走塁面はコーチ陣から徹底指導を受けてプロ仕様に変えた。

 出身は2004年春のセンバツで1度しか甲子園の土を踏んでいない兵庫県立社高。本人も“聖地”とは無縁だったが、プロ入りに照準を合わせ、普段の練習から試合では使用しない木製バットを黙々と振り続けた。時に金属の打ち方を忘れるほど、プロへの意識を高めていたという。

 この日、観戦した三木谷オーナーは「走攻守揃った期待の星。大きく育ってほしい」と絶賛。振り返れば辰己は、同じく“御前試合”となった開幕3戦目のプロ初打席で四球を選んで初打点。初安打、初盗塁も決めていた。旺盛な向上心を含め、オーナーのハートをがっちりつかんでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  9. 8

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  10. 9

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る