“新人1号弾”で証明 楽天ドラ1辰己はただの口達者にあらず

公開日: 更新日:

 新人で一番乗りだ。

 24日、ヤクルトとのオープン戦でドラフト1位の辰己涼介(22)が左越え2ラン。オープン戦で本塁打を放ったルーキー1号となった。17日のロッテとの練習試合でも2ランを打つなど、好調をアピールしている。

 走攻守揃った即戦力外野手として期待され、外れ1位ながら巨人阪神ソフトバンクを含む計4球団が競合。楽天がクジを引き当てると「まずは楽天カードを作ることからいこうと思います」と言って報道陣を笑わせ、石井一久GMとの対面を前に「早くお会いして、どのくらい面白い(人なの)か確認したい」とリップサービスまでしてみせた。

 達者な口はとどまるところを知らず、「走攻守、すべてにおいて自信がある。どのタイトルも狙える能力があると思う」と自信満々。「ゆくゆくはトリプルスリーを狙いたい」「1年目から143試合フルイニング出場」「2000安打で名球会入り」と大きな風呂敷を何枚も広げるのだから、「ビッグマウス」といわれるのも当然だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  2. 2

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  3. 3

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  4. 4

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  8. 8

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  9. 9

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  10. 10

    佐藤健の相手に満島ひかりが浮上も「結婚を考えられない」

もっと見る