鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔アメリカ野球愛好会副代表

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

「スーパーボウルの100倍」が物語るメジャーリーグの地位

公開日: 更新日:

 漫才のようなやりとりは、4月26日に行われた日米首脳会談で起きた。

 日本人にとって天皇の即位がスーパーボウルと比べてどれくらい重要かを尋ねたドナルド・トランプに対し、安倍晋三が「スーパーボウルよりも100倍重要だ」と答えると、トランプは「そういうことなら、行きましょう」と即座に訪日を表明した。

 会談後の記者会見で首脳同士のやりとりの一部始終を話したトランプもトランプであり、天皇の即位とプロアメリカンフットボール・NFLのスーパーボウルを比べたトランプをたしなめられなかった安倍も安倍と言えよう。

 その一方で、トランプ側としては首脳同士の会話をあけすけに記者団に語ることで安倍との親密さを演出しようとしたことは明らかだ。また、安倍にとっても、トランプの素朴な質問に当意即妙に答える様子が紹介されれば、巧みな交渉能力を強調できるから、悪い話ではない。言わば、日米両首脳の思惑が一致した結果が、トランプによる「スーパーボウルよりも100倍」という逸話の披露であった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る