鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔野球文化学会会長・名城大准教授

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

メジャー在籍70人以上…ベネズエラの政情不安が米球界直撃

公開日: 更新日:

 ベネズエラを巡る情勢が緊迫している。

 昨春の大統領選挙で再選したニコラス・マドゥロが今年1月10日に大統領就任式を行うと、大統領選挙そのものの法的有効性を疑問視してきた米欧とベネズエラとの対立は深まる一方だった。

 そして、野党出身の国会議長フアン・グアイドが暫定大統領への就任を宣言すると、米国が直ちに承認し、EUも常任議長のドナルド・トゥスクが「国会はベネズエラ市民の民主的な付託を受けている」と指摘して、グアイドの暫定大統領としての正当性を間接的に認めている。

 これに対してマドゥロ政権側は米国との断交を宣言して在米公館の閉鎖を宣言するなど、強気の姿勢を崩さない。

 マドゥロが強硬な態度を取れるのは、ロシアや中国が有形無形の支援を行っているからだ。何より、国連安全保障理事会でベネズエラへの制裁が審議されても、常任理事国である中ロ両国が反対すれば致命的な打撃は避けられると読んでいるため、軍事介入も辞さないとされる米国に対して融和的な政策をとることはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

もっと見る