DeNAドラ2立正大・伊藤裕がV弾 球界は“動ける巨漢”に注目

公開日: 更新日:

 ドラフトでDeNAから2位指名された立正大・伊藤裕季也内野手(日大三)が決めた。

 14日の明治神宮大会決勝で環太平洋大(中国・四国)と対戦。4番の伊藤裕が八回に左翼へ逆転2ランを放ち、立正大を9年ぶり2度目の優勝へと導いた。

 182センチ、95キロのどっしりした体格で、DeNAには逆方向にも飛ばせる長打力が買われた。一方で俊敏さが求められる二塁を守る異色の選手でもある。

 巨漢選手は今や球界のトレンドだ。日本球界最重量の楽天アマダーは135キロだが、助っ人は除いても、ロッテの井上は114キロでパの打率7位。西武の山川は108キロでパの本塁打王に輝いた。西武の中村は102キロで過去6度の本塁打王。巨人の4番に定着した岡本は96キロだ。

 4年目を迎えるラミレス監督にとって、スケールの大きい頼もしいルーキーが戦力になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る