最軽量99kgでも強い圧力 炎鵬晃は体重増加が出世の鍵

公開日: 更新日:

「小食だから太れないんですよ。一般人と同じくらいしか食べられないんじゃないかな。その上、白米のにおいが嫌いというんです。部屋のちゃんこでも、最初から鍋の汁をかけて食べている。宮城野部屋の米は北海道産のゆめぴりかなので、うまいはずなんですけどねえ……。なんにせよ、太れないのでは、これ以上の出世は難しい。いざアクシデントが起こったら、他の力士なら軽傷で済むところが重傷まで発展しかねない。それが軽量級の宿命でもある。今のところ、大きなケガがないのが救いだけど、毎日ヒヤヒヤですよ」(タニマチ筋)

 アマチュア相撲が盛んな石川県出身。中学時代は同級生の輝とともに、全国中学生相撲選手権の団体優勝を飾っている。

 小柄でもケガさえしなければ、上位を狙えるだけの素質はある。柔よく剛を制すのか、それとも剛よく柔を断つとなってしまうか……。 

▽えんほう・あきら
●本名は中村友哉
●1994年10月、石川県金沢市出身
●168センチ、99キロ
●最高位は現在
●父は石川県の地元紙「北國新聞」勤務

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る