羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

海外志向の今平周吾に変化 “勝つゴルフ”を目指すのも大事

公開日: 更新日:
今平周吾(C)日刊ゲンダイ

 トランプ大統領が来日して、千葉の茂原カントリー倶楽部で安倍首相と5回目のゴルフ外交があり、そこに日本ゴルフツアー機構会長の青木功さんが同伴して話題になりました。大統領がパット名手の青木さんを知っており、そこで白羽の矢が立ったようです。

 このニュー…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  10. 10

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

もっと見る