恩師が明かす小出監督 指導者への第一歩と知られざる苦悩

公開日: 更新日:

「危篤の連絡を受けたのは3週間前だったな……」。陸上女子長距離の指導者として2000年シドニー五輪マラソン金メダルの高橋尚子、1992年バルセロナ銀、96年アトランタ銅の有森裕子ら数々の名選手を育てた小出義雄氏(80)が24日午前、千葉県内の病院で肺炎のため死去した。その一報を聞いた順大時代の恩師で元陸連専務理事の帖佐寛章氏は、冒頭の言葉とともに無念の表情を見せた。小出氏が指導者の道に進むことができたのは、帖佐氏の助けが大きかった。

  ◇  ◇  ◇

 小出君は家業(農家)を継ぐため千葉県立山武農業高に進んだ。全国高校駅伝を走り、東京―青森駅伝の千葉県代表にもなっている。

 その後、家を飛び出して実業団に進むのだが、『どうしても順大に入って、将来は体育の教師になりたい』といって相談に来た。22歳の時だったかな。当時私は順大の監督だったので、グラウンドを走らせると背が小さくてチョコチョコしてるが、箱根駅伝なら走れると判断したものの、うちの大学は4浪は取らなかった。私は大学と交渉し、受験勉強の面倒も見た。試験は無事通ったが、順大は全寮制だ。ところが小出君は『うちは貧乏農家で寮費は払えません』という。また大学と交渉し、自宅通いを認めてもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  2. 2

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  10. 10

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る