恩師が明かす小出監督 指導者への第一歩と知られざる苦悩

公開日: 更新日:

「危篤の連絡を受けたのは3週間前だったな……」。陸上女子長距離の指導者として2000年シドニー五輪マラソン金メダルの高橋尚子、1992年バルセロナ銀、96年アトランタ銅の有森裕子ら数々の名選手を育てた小出義雄氏(80)が24日午前、千葉県内の病院で肺炎のため死去した。その一報を聞いた順大時代の恩師で元陸連専務理事の帖佐寛章氏は、冒頭の言葉とともに無念の表情を見せた。小出氏が指導者の道に進むことができたのは、帖佐氏の助けが大きかった。

  ◇  ◇  ◇

 小出君は家業(農家)を継ぐため千葉県立山武農業高に進んだ。全国高校駅伝を走り、東京―青森駅伝の千葉県代表にもなっている。

 その後、家を飛び出して実業団に進むのだが、『どうしても順大に入って、将来は体育の教師になりたい』といって相談に来た。22歳の時だったかな。当時私は順大の監督だったので、グラウンドを走らせると背が小さくてチョコチョコしてるが、箱根駅伝なら走れると判断したものの、うちの大学は4浪は取らなかった。私は大学と交渉し、受験勉強の面倒も見た。試験は無事通ったが、順大は全寮制だ。ところが小出君は『うちは貧乏農家で寮費は払えません』という。また大学と交渉し、自宅通いを認めてもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  10. 9

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る