全仏5年連続16強も…錦織圭“3回戦で4時間半”に見えた限界

公開日: 更新日:

 トーナメントの序盤から格下相手に接戦が続いて、強豪と対戦する以前に体力を使い果たしてしまう。肝心な上位との対戦では実力の半分も出し切れないまま姿を消す――。

 4大メジャーどころかマスターズ1000すら勝てない錦織圭(29=世界ランク7位)の、そんな戦いぶりを象徴したのが、31日に行われた全仏オープン3回戦、ラスロ・ジェレ(同32位=セルビア)との一戦だった。

 第1セットを6―4で先取。第2セットも4―1とリードして連取したいところなのに、ここからタイブレークに持ち込まれ、このセットを落としてしまう。勝敗は第5セットまでもつれた末、0―3からの逆転勝利だった。

 格下相手の3回戦で4時間26分の激戦を制した錦織は、試合が終わった瞬間、両手を高々と突き上げてガッツポーズをつくった。これで全仏は5年連続の16強入りとはいえ、目標はあくまでもマスターズ1000や4大メジャーを勝つことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  3. 3

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  4. 4

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  5. 5

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  6. 6

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  7. 7

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  8. 8

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  9. 9

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  10. 10

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る