全仏5年連続16強も…錦織圭“3回戦で4時間半”に見えた限界

公開日: 更新日:

 トーナメントの序盤から格下相手に接戦が続いて、強豪と対戦する以前に体力を使い果たしてしまう。肝心な上位との対戦では実力の半分も出し切れないまま姿を消す――。

 4大メジャーどころかマスターズ1000すら勝てない錦織圭(29=世界ランク7位)の、そんな戦いぶりを象徴したのが、31日に行われた全仏オープン3回戦、ラスロ・ジェレ(同32位=セルビア)との一戦だった。

 第1セットを6―4で先取。第2セットも4―1とリードして連取したいところなのに、ここからタイブレークに持ち込まれ、このセットを落としてしまう。勝敗は第5セットまでもつれた末、0―3からの逆転勝利だった。

 格下相手の3回戦で4時間26分の激戦を制した錦織は、試合が終わった瞬間、両手を高々と突き上げてガッツポーズをつくった。これで全仏は5年連続の16強入りとはいえ、目標はあくまでもマスターズ1000や4大メジャーを勝つことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    安倍政権に100倍返し…“政界の半沢直樹”登場はいつ誰だ?

もっと見る