全仏3回戦はクレー巧者 錦織はナダル戦までスタミナ持つか

公開日: 更新日:

「このコートでツォンガ相手に簡単にいかないことはわかっていたが、安定したプレーをすれば勝てると思っていた。第4セットは0―3からブレークバックで追いつけたのは大きかった。リターンゲームでもチャンスがあると思っていた」

 2回戦でJ・ツォンガ(34=世界82位)を3―1で破った錦織圭(29=同7位)はこう言ったが、日焼けした顏にはやや疲れも見えた。

 5セットマッチのグランドスラムで、しかもラリーが長いクレーの全仏だ。初戦こそ世界151位の新鋭を3―0のストレート勝ち(1時間59分)で退けたものの、この日は第1セットを奪われ試合時間は3時間2分。4時間超えが珍しくない大会だけに、長時間というほどではないが、それでもトーナメント序盤の試合は早く終わらせるに越したことはない。

 しかし、身長178センチでツアーでは小柄な錦織に高速サーブはない。2回戦もツォンガのエース7本に対し錦織はゼロ。ひたすらコートを走り回り、ラリーでゲームを取っていくしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  10. 10

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

もっと見る