PO制し初V 原英莉花シビレる局面で“ジャンボの教え”生きた

公開日: 更新日:

【リゾートトラストレディス】最終日

 サンデーバックナインはともに日本ツアー未勝利の原英莉花(20)とペ・ソンウ(25=韓国)とのマッチプレーの様相になった。14番から4連続バーディーを奪った原には勢いがあり、ペを1打リードして18番を迎えた。最終ホールは、ペが粘り強くバーディーを決めて原に追いつきプレーオフに突入した。

 そして2ホール目(15番パー3)に、1打目をピン手前2メートルにつけた原がバーディーパットを沈めて決着がついた。

「(同じ世代の)みんなが活躍しているので、早く優勝したいと思っていた」(原)と、女子ツアーは若手の勢いが止まらない。

■スケールの大きなスイング

 1998年4月から99年3月生まれの女子プロは黄金世代と呼ばれ、畑岡奈紗新垣比菜大里桃子勝みなみ河本結渋野日向子に続く同世代7人目の優勝だった。

 田原紘プロが原のスイングをこう解説する。

「ペは本戦の18番バーディーでエネルギーを全部出し切ってしまい、プレーオフは原の方が気持ちで押していた。日本選手は緊張すると無意識のうちにボールに近づいて前傾姿勢が深くなって軌道が乱れる。ところが173センチと長身の原はプレーオフに入ってからも前傾姿勢が浅く、ダウンがインサイドから下りてミスがなかった。原が指導を受けるジャンボ尾崎も優勝争いで、上体はかがむほうではなかった。緊張する場面での対処法を教わり、それをしっかり守り、スケールの大きなスイングだった。ジャンボが原に自ら選んだパターを与えたのも、パットさえ入ればすぐに勝てると見抜いたからだろう」

 ビジュアル系プロの優勝で、女子ツアーはますます注目される。ジャンボは永久シードを行使して獲得賞金ゼロ記録を更新するレギュラー大会にしがみつくのではなく、女子プロ専属コーチになったほうがよっぽど実入りがよさそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

  2. 2
    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

  3. 3
    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

  1. 6
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  2. 7
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  5. 10
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに