PO制し初V 原英莉花シビレる局面で“ジャンボの教え”生きた

公開日: 更新日:

【リゾートトラストレディス】最終日

 サンデーバックナインはともに日本ツアー未勝利の原英莉花(20)とペ・ソンウ(25=韓国)とのマッチプレーの様相になった。14番から4連続バーディーを奪った原には勢いがあり、ペを1打リードして18番を迎えた。最終ホールは、ペが粘り強くバーディーを決めて原に追いつきプレーオフに突入した。

 そして2ホール目(15番パー3)に、1打目をピン手前2メートルにつけた原がバーディーパットを沈めて決着がついた。

「(同じ世代の)みんなが活躍しているので、早く優勝したいと思っていた」(原)と、女子ツアーは若手の勢いが止まらない。

■スケールの大きなスイング

 1998年4月から99年3月生まれの女子プロは黄金世代と呼ばれ、畑岡奈紗新垣比菜大里桃子勝みなみ河本結渋野日向子に続く同世代7人目の優勝だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る