日ハム輝星の一軍デビューは思い出の甲子園か本拠地札幌か

公開日: 更新日:

 もう心配はなさそうだ。

 26日、日本ハムの吉田輝星(18)が西武二軍戦に2番手で登板。四回から2イニングを投げ、1安打無失点の好投。最速147キロをマークし、四球はゼロだった。

 17日のDeNA戦はウイルス性胃腸炎によって試合直前に先発を回避したが、21日から練習を再開していた。荒木二軍監督が「良い投球だった。体調を崩した影響はなかった」と評価すれば、加藤投手コーチも「無駄な力みがなく、球の質が良くなっている。フォームのバランスが良く、制球も良かった。新しく取り組むスライダーも良かった」と目を見張った。次回は中6~8日を空けて先発復帰する予定で、これが一軍デビューに向けての最終テストになりそうだ。

 8日のロッテ戦でカット気味に打者の手元で鋭く曲がるスライダーを解禁。ブルペンではツーシームに取り組んでいる。この日は、フォークのような軌道の球も投じた。当初は、ストレートのキレを昨夏の甲子園の状態に戻すため、ほぼ直球のみの投球だったが、ここにきてより実戦的になってきている。日ハムOBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る