U─20W杯日本は決勝T1回戦で韓国に0-1で敗戦 好機逃し失点

公開日: 更新日:

 ビッグチャンスを逃すとサッカーの神様がヘソを曲げ、その後すぐに大ピンチを迎える――。

 これはサッカー界における<都市伝説>ではない。ポーランドで開催されているU―20(20歳以下)W杯・決勝トーナメント1回戦の日本と韓国との因縁の対決が、まさに<その通り>だった。

 試合は序盤から技術上位の日本が韓国エリアでボールをつなぎ、韓国は堅い守備をみせながら一気のカウンターで攻め込む展開が続いていった。

 スコアレスドローに終わった前半のボール支配率は、日本が72%と圧倒的な数字を叩き出した。

 しかし、シュート数は日本の4本に対して韓国は半分とはいえ、ちゃんと2本を返して抵抗姿勢をアピール。それどころかゴール枠内シュートを見ると日本0本・韓国1本である。後半キックオフの笛が吹かれ、試合の流れが韓国に傾き始める中、それでも71分にFW宮代のクロスをMF中村がドンピシャのタイミングで強烈ヘッド。これは韓国GKの好セーブに阻まれてしまった。そして84分に「チャンスの後のピンチ」が訪れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る