U─20W杯日本は決勝T1回戦で韓国に0-1で敗戦 好機逃し失点

公開日: 更新日:

 ビッグチャンスを逃すとサッカーの神様がヘソを曲げ、その後すぐに大ピンチを迎える――。

 これはサッカー界における<都市伝説>ではない。ポーランドで開催されているU―20(20歳以下)W杯・決勝トーナメント1回戦の日本と韓国との因縁の対決が、まさに<その通り>だった。

 試合は序盤から技術上位の日本が韓国エリアでボールをつなぎ、韓国は堅い守備をみせながら一気のカウンターで攻め込む展開が続いていった。

 スコアレスドローに終わった前半のボール支配率は、日本が72%と圧倒的な数字を叩き出した。

 しかし、シュート数は日本の4本に対して韓国は半分とはいえ、ちゃんと2本を返して抵抗姿勢をアピール。それどころかゴール枠内シュートを見ると日本0本・韓国1本である。後半キックオフの笛が吹かれ、試合の流れが韓国に傾き始める中、それでも71分にFW宮代のクロスをMF中村がドンピシャのタイミングで強烈ヘッド。これは韓国GKの好セーブに阻まれてしまった。そして84分に「チャンスの後のピンチ」が訪れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る