U─20W杯日本は決勝T1回戦で韓国に0-1で敗戦 好機逃し失点

公開日: 更新日:

 ビッグチャンスを逃すとサッカーの神様がヘソを曲げ、その後すぐに大ピンチを迎える――。

 これはサッカー界における<都市伝説>ではない。ポーランドで開催されているU―20(20歳以下)W杯・決勝トーナメント1回戦の日本と韓国との因縁の対決が、まさに<その通り>だった。

 試合は序盤から技術上位の日本が韓国エリアでボールをつなぎ、韓国は堅い守備をみせながら一気のカウンターで攻め込む展開が続いていった。

 スコアレスドローに終わった前半のボール支配率は、日本が72%と圧倒的な数字を叩き出した。

 しかし、シュート数は日本の4本に対して韓国は半分とはいえ、ちゃんと2本を返して抵抗姿勢をアピール。それどころかゴール枠内シュートを見ると日本0本・韓国1本である。後半キックオフの笛が吹かれ、試合の流れが韓国に傾き始める中、それでも71分にFW宮代のクロスをMF中村がドンピシャのタイミングで強烈ヘッド。これは韓国GKの好セーブに阻まれてしまった。そして84分に「チャンスの後のピンチ」が訪れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)