“門下生”桜井が粘投3勝目 G菅野は名コーチぶりで不調補う

公開日: 更新日:

「前回よりもまた少し上がったような、いい投球でした」

 原監督はやけに冗舌だった。

 13日の西武戦に先発した桜井俊貴(25)が7回1失点の好投。4四死球を与えたものの、強力打線を4安打に封じ、6日の楽天戦に続く3勝目を飾った。

 中継ぎとして先月23日のDeNA戦でプロ初勝利を挙げたばかり。昨季一軍登板なしの2015年度ドラフト1位右腕が、ここにきて覚醒しつつある。原監督は「躍動感があるし、緩急をつけられるし、球も速い。球種が多く、コントロールを身につけたというのは、リリーフの時に覚えたことが非常に先発として水を得た魚のごとく機能しているんではないか。先発投手の方がリリーフより、おおらかに戦えるわけで、そういう点では、厳しいリリーフから先発になって、彼の中で非常に楽になっているのかなと思わせるくらいですね」と賛辞が止まらなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る