スカウトが明かす ドラ1有力・明大森下が克服した“悪癖”

公開日: 更新日:

 ネット裏で12球団のスカウトが見守る中、東洋大打線を完封、チームを6年ぶりの4強に導いたのが明治大の右腕・森下暢仁だ。

 13日の大学選手権準々決勝。ストレートの最速は152キロ。7安打されながら得点を許さなかったところが、「ドラフト1位候補」といわれるゆえんだという。在京球団のスカウトがこう言った。

「ストレートのコントロールはアバウトでも、ここぞの場面では150キロ超の球威で押せる。特に評価できるのは走者を出してからの投球です。カーブ、カットボール、ツーシームなどを低めに集め、内野ゴロを打たせて併殺に仕留めるケースが多いのですよ」

 昨年まで顔をのぞかせた“悪癖”も、今季は見られなくなったそうだ。

「これまでは試合中に時折、ふっと気が抜けることがあった。集中力が切れてしまうのか、五回とか七回に、安易にカウントを取りにいって、痛打されるケースが目立った。けれども、今年は最終学年で、ドラフトの目玉候補。我々の視線を気にしてるのか、最後まで慎重に投げるようになった。集中力が続くようになったのです。ウチでは今年の大学生、社会人ではナンバーワン投手だと評価しています」(同)

 試合後の本人は「ストレートは荒れたけど、変化球はまとまっていたと思う。流れが向こうにいかないように、一球一球を大切にした。完封できてよかった」と話した。

 森下はこの日のピッチングで、さらに株を上げたようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)