スカウトが明かす ドラ1有力・明大森下が克服した“悪癖”

公開日: 更新日:

 ネット裏で12球団のスカウトが見守る中、東洋大打線を完封、チームを6年ぶりの4強に導いたのが明治大の右腕・森下暢仁だ。

 13日の大学選手権準々決勝。ストレートの最速は152キロ。7安打されながら得点を許さなかったところが、「ドラフト1位候補」といわれるゆえんだという。在京球団のスカウトがこう言った。

「ストレートのコントロールはアバウトでも、ここぞの場面では150キロ超の球威で押せる。特に評価できるのは走者を出してからの投球です。カーブ、カットボール、ツーシームなどを低めに集め、内野ゴロを打たせて併殺に仕留めるケースが多いのですよ」

 昨年まで顔をのぞかせた“悪癖”も、今季は見られなくなったそうだ。

「これまでは試合中に時折、ふっと気が抜けることがあった。集中力が切れてしまうのか、五回とか七回に、安易にカウントを取りにいって、痛打されるケースが目立った。けれども、今年は最終学年で、ドラフトの目玉候補。我々の視線を気にしてるのか、最後まで慎重に投げるようになった。集中力が続くようになったのです。ウチでは今年の大学生、社会人ではナンバーワン投手だと評価しています」(同)

 試合後の本人は「ストレートは荒れたけど、変化球はまとまっていたと思う。流れが向こうにいかないように、一球一球を大切にした。完封できてよかった」と話した。

 森下はこの日のピッチングで、さらに株を上げたようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る