スカウトが明かす ドラ1有力・明大森下が克服した“悪癖”

公開日: 更新日:

 ネット裏で12球団のスカウトが見守る中、東洋大打線を完封、チームを6年ぶりの4強に導いたのが明治大の右腕・森下暢仁だ。

 13日の大学選手権準々決勝。ストレートの最速は152キロ。7安打されながら得点を許さなかったところが、「ドラフト1位候補」といわれるゆえんだという。在京球団のスカウトがこう言った。

「ストレートのコントロールはアバウトでも、ここぞの場面では150キロ超の球威で押せる。特に評価できるのは走者を出してからの投球です。カーブ、カットボール、ツーシームなどを低めに集め、内野ゴロを打たせて併殺に仕留めるケースが多いのですよ」

 昨年まで顔をのぞかせた“悪癖”も、今季は見られなくなったそうだ。

「これまでは試合中に時折、ふっと気が抜けることがあった。集中力が切れてしまうのか、五回とか七回に、安易にカウントを取りにいって、痛打されるケースが目立った。けれども、今年は最終学年で、ドラフトの目玉候補。我々の視線を気にしてるのか、最後まで慎重に投げるようになった。集中力が続くようになったのです。ウチでは今年の大学生、社会人ではナンバーワン投手だと評価しています」(同)

 試合後の本人は「ストレートは荒れたけど、変化球はまとまっていたと思う。流れが向こうにいかないように、一球一球を大切にした。完封できてよかった」と話した。

 森下はこの日のピッチングで、さらに株を上げたようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    コロナ禍でも「役員報酬1億円以上」これが上位101人リスト

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る