初優勝大会で30位T発進 松山英樹またパットがブレーキに

公開日: 更新日:

【ザ・メモリアルトーナメント】初日

 今週は松山英樹(27)にとってルーキーイヤーの2014年に米ツアー初優勝を挙げた大会だ。

 前年13位、15年5位と会場を得意にしている。

 初日は7番までは完璧だった。3番で5メートルを沈めると、5番から3連続バーディーを決めて4アンダー。この時点でトップと3打差の6位につけた。

 ところが8番パー3でティーショットがグリーン手前の傾斜につかまると、左足上がりの深いライから寄らず入らずのボギー。後半は何度もあったバーディーチャンスを決められず、16番、17番の連続ボギーで1アンダー30位タイだった。

「ショートゲームがうまくいかなかった。それに尽きる。それでもアンダーパーで回れたのは大きい。(午前スタートの)明日は風もないと思うので、しっかり攻めていきたい」(松山)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  6. 6

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  7. 7

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  8. 8

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る