伊調馨は世界選手権逃すも階級変更で東京五輪に一縷の望み

公開日: 更新日:

 実力に陰りが見え始めた五輪4連覇中のレスリング女王が巻き返しを狙っている。

 世界選手権(9月=カザフスタン)代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権女子57キロ級決勝でライバルの川井梨紗子(24)に敗れた伊調馨(35)。これで選考会の対戦成績は1勝1敗で、代表争いの行方は7月6日のプレーオフ(埼玉・和光市)に持ち越しとなった。

 川井がプレーオフを制し、世界選手権で表彰台に上がれば、20年東京五輪代表に内定。伊調の五輪5大会連続出場は絶たれる。今年1月には、僚友の吉田沙保里(36)が引退。伊調もマットを離れるのではないかといわれるが、東京五輪出場の望みを捨てたわけではない。現状では階級を変更すれば、わずかながら可能性が出てくるからだ。

 伊調はパワハラ騒動から、昨年10月の全日本女子オープンで復帰して以降、57キロ級で挑んでいる。長らく60キロ以上の階級で結果を残してきた伊調にとっては、いわば“アウェー”状態だ。伊調は、57キロ級に変えてから、減量に苦しんでいるそうで必要以上に体重を落として大会に臨んでいるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

  2. 2
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

  5. 5
    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

もっと見る

  1. 6
    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

  4. 9
    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 10
    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天

    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天