2度目の大学3冠に王手も…青学OBが実業団で伸び悩む不思議

公開日: 更新日:

 横綱相撲だった。

 27チームが参加した4日の全日本大学駅伝は青学大が5時間13分11秒で2年ぶり2度目の優勝。2位は2分20秒差で東海大だった。先月の出雲駅伝も制した青学はこれで、正月の箱根で5連覇と史上初となる2度目の学生駅伝3冠に「王手」をかけたわけだが、OBは実業団に進んでも、マラソンや駅伝で目立った活躍をしていないから不思議だ。

「青学が3大駅伝で優勝するようになったのはここ5、6年のこと。歴史が浅いということはありますが……」と、ある実業団関係者がこう続ける。

「原監督は箱根駅伝に向けて、選手のコンディションをピークに持っていくのがうまい。メンタル面でも選手を乗せる術を知っている。箱根で優勝すればテレビやスポーツ紙で大きく報じられ一躍スターです。学生にとっては気分がいいでしょう。だから、箱根の優勝で『燃え尽きる』選手がいても不思議ではない。また、青学はチーム内の風通しがよく、上級生と下級生も仲がいい。実業団に進むとスポーツマスコミの扱いも小さい。『学生時代のような高揚感はなく、能力を発揮できなくなる』という声は聞きますね」

 今年、マラソンの日本記録を更新した設楽悠太(東洋大OB=26)は走り込みより実戦で力をつけるタイプ。大迫傑(早大OB=27)は実業団を辞めて米国のプロチームでレベルアップした。2人はともに東京五輪のマラソンでメダルを狙っている。目標が明確ならどこにいても記録は伸びるはずだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る