武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

マラソン川内優輝プロの初仕事は金より大事な陸連の“打破”

公開日: 更新日:

 マラソンの川内優輝がプロ転向した。埼玉県庁に就職した2009年から、フルマラソンだけで92回も走った。実業団選手を差し置いて世界選手権代表が3度、アジア大会の銅メダルも獲得している。前代未聞の市民ランナーに“令和の金栗四三”としての新境地開拓の期待がかかる。

■ボストン優勝の勲章

 最大の勲章は昨年のボストン・マラソン優勝だ。ボストンは都市マラソン発祥の地、日本のお家芸としてのスタート地点でもあった。1951年の田中茂樹の優勝から数えて8人目の日本人チャンピオンだが、ここは2人目としたい。ボストン・マラソンがオープン化して賞金レースになったのが1986年、それ以降は87年に瀬古利彦が勝っただけ。ケニア勢がマラソンに参入したのが92年のボストンからで、オープン化以降の勝利には別格の重みがある。

 川内は週末の大会を練習代わりに使った。邪道といわれたが、一匹狼が一人ではできない追い込み練習に大会を使うのは60年代の先輩たちもやったことだ。人気者が地方大会に出場すれば、レース後にはサインを求めて長い列ができる。川内は最後の一人までそれに応えてきた。人格が素晴らしいとまでは言わないが、死語となった「公僕」のかがみだったから人気も出たのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る