武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

マラソン川内優輝プロの初仕事は金より大事な陸連の“打破”

公開日: 更新日:

 マラソン川内優輝がプロ転向した。埼玉県庁に就職した2009年から、フルマラソンだけで92回も走った。実業団選手を差し置いて世界選手権代表が3度、アジア大会の銅メダルも獲得している。前代未聞の市民ランナーに“令和の金栗四三”としての新境地開拓の期待がかかる。

■ボストン優勝の勲章

 最大の勲章は昨年のボストン・マラソン優勝だ。ボストンは都市マラソン発祥の地、日本のお家芸としてのスタート地点でもあった。1951年の田中茂樹の優勝から数えて8人目の日本人チャンピオンだが、ここは2人目としたい。ボストン・マラソンがオープン化して賞金レースになったのが1986年、それ以降は87年に瀬古利彦が勝っただけ。ケニア勢がマラソンに参入したのが92年のボストンからで、オープン化以降の勝利には別格の重みがある。

 川内は週末の大会を練習代わりに使った。邪道といわれたが、一匹狼が一人ではできない追い込み練習に大会を使うのは60年代の先輩たちもやったことだ。人気者が地方大会に出場すれば、レース後にはサインを求めて長い列ができる。川内は最後の一人までそれに応えてきた。人格が素晴らしいとまでは言わないが、死語となった「公僕」のかがみだったから人気も出たのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  7. 7

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る